不動産購入に必要な費用について

物件代金

土地や建物の物件価格。

 

規定の仲介手数料

不動産業者に支払う手数料。物件価格により以下の計算式となります。
■200万円以下→ 物件代金×5%+消費税
■200万円超400万円以下→ 物件代金×4%+2万円+消費税
■400万円超→ 物件代金×3%+6万円+消費税
【例】1,000万円の物件を購入した場合・・・1,000万円×3%+6万円=36万円
   36万円×1.08=388,800円

 

印紙税

契約書印紙税
契約書記載金額により以下のとおりとなります。
■100万円超500万円以下.............1,000円
■500万円超1,000万円以下..........5,000円
■1,000万円超5,000万円以下......10,000円
■5,000万円超1億円以下............30,000円

 

消費税

■土地売買には消費税は課税されません。

■建物売買では売主が「課税事業者」であれば建物にのみ課税されますが、一般の個人が

 売主の場合は非課税となります。

 

登録免許税

■土地や建物を購入したときは、所有権保存登記や移転登記をします。この登記をする際に

 かかる税金が登録免許税です。

■住宅ローンを利用する場合には、抵当権設定登記が必要になり、この登記をする場合にも

 登録免許税がかかります。

■上記手続きの代行を依頼する司法書士報酬が別途必要になります。

 

固定資産税・都市計画税清算金

■固定資産税・都市計画税はその年の1月1日時点の所有者に対し課税されますので、

 物件引渡日において日割り計算で清算します。

 

別荘地管理費等の清算

■セラヴィリゾート泉郷等の別荘地物件の場合は管理費が発生しますので、上記と同様に

 日割り計算で清算します。

 

上下水道引込み費用・加入金・分担金・合併浄化槽・井戸掘削費用

■公営上水道や下水道は、土地によって既に敷地内まで引き込まれている場合と、そうで

 ない場合があります。引き込まれていない場合は買主負担で前面道路からの引き込み

 工事を行う必要があります。この引き込み工事は、管を取り出す道路が未舗装道路の

 場合は20万円以下で済む場合が多いですが、舗装道路の場合は50万円以上掛かる

 場合もあります。

■上水道の加入金は、口径13㎜の場合で約32万円です。

■下水道の分担金は、地域により15万円から30万円程度。

■下水道の提供エリア外の場合は合併浄化槽を埋設する必要があり、100万円前後の

 初期費用が掛かります。

■上水道の水道管が遠い場合には井戸を掘削する場合があります。 上水道管を長く延伸

 するよりも井戸を掘削する方が安いためです。

 地形や標高によって掘削の深さが異なるため費用も異なりますが、一般的には、深さ

 40m掘削した場合の費用はおよそ150万円です。

 この費用には水を汲み上げるためのポンプ費用(30~40万円)も含まれます。

 井戸は毎月の水道代が掛からないというメリットがあります。

 

住宅ローン諸費用・火災保険料

■住宅ローンを利用する場合は、保証事務手数料・保証料・印紙代等が掛かります。

■また、建物の場合は住宅ローン期間を満たす長期火災保険に加入する必要があります。

 

▲ページの先頭へ